パニック障害 〜打倒パニックの日々〜

パニック障害になっての生活、パニックと闘う日々を書いています。改善に向けて色々やってますので参考になれば幸いです。

パニック障害になった原因〜その1〜

パニック障害になった原因は、旦那と旦那の両親です。

 

 

旦那と付き合いはじめは楽しくて、仕方なかったけど、旦那が猫を被っていたのか、徐々に自分勝手になり、本性をあらわしたのです。

私は生まれてはじめて、ストレスを感じました。時には暴力的な事も…

ストレスは度々、重なり、旦那のお母さんも、変わった方で、そのストレスもあり、その時から徐々に症状があらわれてました。

 

その時は気付かなかったけど、ある場所に行くと胸が苦しくなる事がありました。

でも、すぐに治っていたし、普通に行動も出来たので困ることはなく、生活してました。

普通の人でもストレス溜まると苦しくなったり、動悸がしたりするから、そんな感じだったのでしょうね。

パニック発作とパニック障害は違いますからね。

パニック障害は、度重なる発作で予期不安や行動範囲が狭まることを言いますからね。

 

この時期はバイトが楽しくて仕方なく、友達と遊んだり、毎日が楽しくて仕方ありませんでした。お金が欲しくてバイトしてたのではなく、バイト仲間が楽しくてバイトしてた感じでしたからw

だから、自然とストレス発散も出来ていたのだと思います。