パニック障害 〜打倒パニックの日々〜

パニック障害になっての生活、パニックと闘う日々を書いています。改善に向けて色々やってますので参考になれば幸いです。

その後…

久々の更新です。

 

姉は当時、独身だったので、よく、私や子供達を色々な所に連れて行ってくれて、楽しませてくれました。

 

今、姉は結婚してますが、それでも良くやってくれてます。

 

パニック障害という病気が知られてきたのは、5〜6年前くらいでしょうか。

いまだに、不安障害とか不安神経症と診断するお医者様も居ますけどね。

 

その後も旦那は相変わらずお金使いが、激しく、家の電気が止まったりすることもありました。

 

そんな事が続いたある日、旦那が今の仕事を独立して始めるって言い出して…

 

それだけは辞めて欲しいと思いました。

仕事があまり好きではなく、お金使いが荒い旦那に務まる訳がありません。

収入も不安定で、こんなんじゃ、私の病気ももっとひどくなる…

そう思いました。

 

でも、旦那は絶対、儲かるから大丈夫と無理に始めました。

でも、名刺や会社の判子を作るお金もなく、旦那の親に借りに行ったら、貸してもらえず、名刺代の3000円すら、かしてくれませんでした。

 

仕方なく、私の親に借りに行き、貸してもらいました。

でも、いまだに、旦那は感謝の気持ちもありません。

 

旦那の仕事は、やはり、そう上手くは行かず、私はますます、ストレスで病状もひどくなるばかり…

 

とうとう、1人で家にも居られなくなり、仕方なく旦那の仕事について行くことになりました。

 

ほんとは嫌だけど、仕方ありません(>_<)

 

営業なんて大嫌いなのに…

 

これで、またストレスが溜まる…(>_<)

 

一日中、旦那と一緒だなんて、本当に嫌。

 

あー、なんで、こんな病気になってしまったのだろう…

旦那のせいだ!そう思うと、涙さえ出てきました。