パニック障害 〜打倒パニックの日々〜

パニック障害になっての生活、パニックと闘う日々を書いています。改善に向けて色々やってますので参考になれば幸いです。

悔しさ

パニック障害になって、今まで普通に出来ていたことが出来なくなった。

 

今までは普通にバスに乗り電車に乗ったり、飛行機で海外に行ったり、旅行に行ったり、仕事に行ったり、友達とランチしたり、ショッピングモールに行ったり、美容院や歯医者に行ったり…

当たり前に出来ていた事が、パニック障害になって、それが出来なくなった…

 

子供と公園に行くことすら出来ず、今まで悔しい思いもしたり、大事な時間を何も出来ず過ごして来ました。

みんなが普通にやってる事が出来ない…

 

症状もどんどんひどくなるばかり。

 

最近、思う事、それは、旦那のせいでわたしは、この病気になり、みんなが普通にやってる事も出来ず、生活している…

 

私が何も出来ず辛く苦しんでる時に、旦那は毎日のように呑んで、遊んでいた。

 

旦那がお金を使うので、生活費も足りず、我慢だらけの日々…

 

私がなぜパニックが治らないのか?

それは…

 

旦那のせいである。

 

もし私が完治したり、改善したりしたら、また旦那がお金を使い、結婚当初と同じ繰り返しで、また私が病気になる…

結果、治らない方が、良いのでは…

 

今は私の症状もひどく、旦那が居ないと発作になってしまう。

生活保護で生活もギリギリ。

 

今はギリギリの生活でなおかつ私の症状もひどく旦那が一緒に居ないとダメ。

改善すれば、旦那がいなくても大丈夫になるが、そうなるとまた呑みに行ったり遊んだりして生活費も足りなくなる…そして悲惨な事に…

 

どっちが楽かって、今の方がお金も使えない、私も外出は辛いので、良いと考える。

 

どっちの生活も旦那に対するストレスはかなりあるが、ギリギリでも生活できてる今の方が精神的には楽である。

 

分かります?

私が治らないのは、お金が怖いからなんです。

旦那がお金を使うのが怖いから…

 

普通に生活できて、沢山お金があれば文句はないけど、電気やガスが止まったり、生活に支障が出るようでは、困るのです。

それがどれだけ辛いか、経験しないと分からないと思いますが…

 

ガスや電気が止まるどころか、子供にも何もやってあげれず、医療保険も入らず、車の車検や税金、年金も払えない…

化粧水や乳液も買えません。

 

こんな旦那、なかなか居ませんよ!

 

私が治らないのは、旦那がお金を使うのが怖いから…

そう思うも悔しくて…悔しくてたまりません。

お給料を貰ったら、その給料でできる生活をしないと。給料以上に、自分のやりたい事にお金を使ったら、どの家庭でも生活出来ません。 身分相応な生活。給料が少ないなら贅沢しないで節約して暮らすのが常識ですよね。 みんな、そうしてます。 本当にこんな旦那と結婚したことが、悔しくてたまりません。