パニック障害 〜打倒パニックの日々〜

パニック障害になっての生活、パニックと闘う日々を書いています。改善に向けて色々やってますので参考になれば幸いです。

睡眠

睡眠に大切なのは、どれだけ長く眠ったかではなく、どれだけ深く眠れたかなんですよね。

 3時間睡眠で平気な人もいれば、8時間は寝ないとダメな人もいます。それは、人それぞれ。

ショートスリーパーといって、短時間睡眠でも元気に過ごせる人。そんな人が全人口の1%いるそうです。

 

んー、私は短時間睡眠は、辛いしキツイし、体調も悪くなります。最低6時間は欲しい所です。

 

 

私も寝付きが悪く、なかなか眠れない時が多々あります。そして、中途覚醒。

 

よく聞くのが、寝る1時間半前にお風呂に入るとグッスリ眠れるらしいですよね。

 

あとは、寝る前に白湯を飲むと、胃腸が温まり副交感神経が優位になり、寝付きが良くなるそうです。

 

私はとりあえず白湯は飲んでます。

 

あとは、横になったとき、目を瞑り、私は眠い…眠い…と、暗示かけてます!笑

そしたら、そのうちに寝てます。

1時間、2時間寝付けない時もあります。

まぁ、眠れなかったら、眠れないでいいやって思うと楽ですよ。

無理して寝なくて良いんです。

 

もちろん、昼間に沢山寝てしまうと、夜は眠れないのが当たり前。

人間は起きてから16時間経つと、眠くなるようになってるようです。

 

お昼の12時まで寝てたら、朝の4時まで眠くならない計算です。

朝7時に起きてる人は、23時には眠くなる計算。

 

どうしても眠れない人は、お薬を飲むが良いのかもしれませんが…

 

でも、私は薬が苦手なんですよね(^_^;)

 

寝よう、寝ようと思うと、緊張から交感神経が優位になって、余計眠れなくなり、目が冴えてしまいます。

あとは、寝る前のパソコンやスマートフォンはブルーライトで、脳の活性化で寝付きが悪くなります。

まぁ、わたしは寝る直前までスマホやパソコンしてますけど!(^_^;)

私の場合、ブルーライトは関係ないので。

 

あとは、室温ですよね。

寒いなら、湯たんぽやレッグウォーマーなどしてみたり、夏の暑い時は、寝苦しいのでエアコンしてみたり…

 

そして寝る時は右向きで寝るのがベスト!

自律神経への負担が軽くなって疲れが回復しやすいです。安眠を妨害するイビキも抑えられます。

 

私は基本的に眠れなくても気にしない事にしてますけどね。でも、白湯は飲んで右向きには寝てますよ(*^^*)

 

余談ですが、寝起きが悪い人は「スリープマイスター」って言うアプリがおすすめ。眠りの浅い時に、アラームが鳴るようになってるようで、辛いことなく起きれるそうです。

 

今日は、母が取り寄せた、スイーツを食べながら夜更かし中(*^^*)

f:id:kayo1228:20180126034026j:image

 

無添加なんだそうです。

 

スイーツ大好きなので、いくらでも食べれます!笑

 

みんなが寝静まるこの時間が、1番好きで、リラックス出来る至福の時間。

パニック障害の方なら分かるのでは?

夜更かしさん、多いですからね(*^^*)

 

夜中だから、誰からも連絡こないし、電話もない、誰も来ない、うるさい旦那も寝てる、どこにも行かなくて良いし、解放的な時間。

 

ずっと、朝にならなくて良いのになぁ〜

と思ってしまう!笑 

 

あ、眠れない人は、ツボ押しやストレッチ、呼吸法など、試しても良いかも。副交感神経が優位になって眠りに付きやすくなります。やり方は調べると出てきます。