パニック障害 〜打倒パニックの日々〜

パニック障害になっての生活、パニックと闘う日々を書いています。改善に向けて色々やってますので参考になれば幸いです。

カウンセリング

今日も、旦那の総合病院へ行ってきました。3日連続は、ちょっと疲れますね(^_^;)

リラックスタイムのために夜更かしをしてるので、睡眠不足だし、病院は待ち時間も長い…人も多い。これ、3日連続だと、普通の人でも疲れちゃいますよね。

とりあえず次回は28日の予約。

傷口が大丈夫そうなら、その日はキャンセルしても良いそうです。←是非、キャンセルしたい!笑

 

今日は、早咲きの桜を見かけました。(^-^)/

この地域の桜で、毎年この時期に咲きます。

もう少し開花したら 綺麗かも。(*^▽^*)

f:id:kayo1228:20180222181900j:image

 

 

話は本題に入りますが、私はずっと前からカウンセリングがやりたくて…

 

 

医者に行っても長年、パニック障害が治らず、医者は、的確なアドバイスもしないで、薬を出すだけ。薬をだすだけなら、私にでも出来ます。 

薬だけで治るなら、そんな楽なことはないですよね。

 

医者は薬品会社と手を組んで、薬を出してるし、ある意味、薬を出すのが仕事なんで仕方ないですけどね。

 

医者はパニック障害を治せません。

薬も治せません。

だから、何年も何十年もパニック障害が治らない人が多い。

医者や薬は、手助けであって、治すのは、自分自身。自分で治そうと思わないと治らないんです。薬だけでは、その場の症状は抑えられるけど、完治は出来ませんよね。

 

やっぱり、パニックになった原因や要因が大切なんですよね。あとは自分の思考を変える事。

ストレスを無くすこと。

 

そこで専門のカウンセリングがオススメです。

私も長年のパニックがひどくなって、外出が出来なくなり、どうしようかと迷ってて、カウンセリングするなら今かなと思い、調べて探して、今のカウンセラーの先生と出逢いました。

当時は、外出も出来ないので、電話カウンセリングで。

今は電話やメール、出張のカウンセリングも多いですよね。外出が苦手な方も多いし遠方だと助かりますよね。

 

私の先生は、パニック障害専門の先生なんです。はじめは、先生と話すのも緊張して、動悸がして少し苦しくなるので、暖かい飲み物とフリスク、そして牛乳(その時は牛乳を飲むと落ち着いたので)を準備してカウンセリングをしてました。

 

何回かカウンセリングするうちに、先生と話をすると落ち着くようになり、早く先生と話したくて、次回の予約が楽しみになりました!笑

それは、先生と話すと、カウンセリング直後は体調が良くて、気持ちがスッキリしてるからなんです(*^^*)

 

先生と、相性が合うのだと思います。

相性って大切ですよね。

医者でもカウンセラーでも、相性が合わないと、話をしててもイライラしてきますからね。

 

私のカウンセリングの先生は、何でも話を聞いてくれます。主人の愚痴から世間話まで…(*^^*)

すごく良い先生です。

 

先生のアドバイスもあり、少しずつ、体調も改善してます。

 

カウンセリングがまだな方、良かったらカウンセリングしてみませんか?(紹介しますよ!笑)

内面から治して行くので、薬を飲んでる方も薬に頼りたくない人も良いと思います。

 

今までに、書いた事もあると思いますが、私は薬を飲んでいません。

何故か?それは、また次回に書きますね。

今夜遅くに書けると思います。

  

あ、そうそう、今日も信号待ちで、背筋をまっすぐにして、あごを少し上にあげてたら、呼吸が楽になりました。(ここで息をフーッと吐くのもスッキリとします)

具合いが悪いと、背中とか丸くなるけど、丸くなると内臓にも負担かかるし、呼吸がうまく通らなくて苦しくなりやすいです。

背筋をまっすぐ、姿勢を正しく、あごを少し上に上げるだけで、呼吸が楽になり、発作の予防になると思います。発作が出そうな時も、背筋を丸くしないで、まっすぐにしてやってみることをオススメします(*^^*)

 

 メールでのコメントや感想も大歓迎です(*^^*)

panimochi@gmail.com