パニック障害 〜打倒パニックの日々〜

パニック障害になっての生活、パニックと闘う日々を書いています。改善に向けて色々やってますので参考になれば幸いです。

ファスティング(断食)

私がパニック障害改善法として、やって良かったことは、ファスティング(断食)です。

 

ファスティング(断食)と言うと、なんかのダイエットのイメージありますよね。

 

でも、体質改善にもなります。

 

私のカウンセリングの先生が健康維持のためにファスティングしてると聞いて、私も早速ファスティングを…

 

でも、私、お腹空いてると、パニック障害

の症状がでてしまって、不調になるから

無理かと思ってたんですけど…

 

パニック障害を改善したい一心で

やってみたら、出来たんです。

 

健康のために1日3食が良いと言うけど

どうなんでしょう?

1日3食食べるとその消化吸収に必要な

エネルギーはフルマラソン1回分に相当。

かなり体に負担がかかってますよね。

逆を言えば、「食べない事」によって

そのエネルギーを健康維持や病気の改善に

利用出来るのです。

 

病気の時、「食べないと治らない」と言われますが、それは食べ物が少なかった時代の話。

現代の病気は、特に生活習慣病は、食べ過ぎが原因です。

 

ファスティング(断食)の効果として

★胃腸が元気になる

★便秘が改善

★免疫力アップ

★美肌効果

★ダイエット、メタボの改善

★脳の活性化

★精神疾患の改善

★アレルギー改善

★骨折などの治りも2倍早くなる

★腰痛、肩こり改善

★持病改善

などなどキリなくあります。

 

私は2日、3日の断食は無理なので

朝食を抜く事から始めました。

食べずに内臓を休ませる事によって

健康維持に繋がります。

芸能人の方も、1日1食が多いですが

これも健康維持のため…

食べて胃に負担かかると、不調になったり

仕事に集中出来なくなったりするそうです。

 

お腹空いてると、集中力が増して

体調も良くなります。

 

私はたまに、あまり食べない日を作ります。

内臓を休ませるために。

基本は1日2食。

プチ断食なのかな?笑

 

私の場合…

慣れてくると、胃の中が空っぽの方が

気分が良くなりました。

食事も腹8分目、いや、7分目でも充分

満足感が出てきました。

空腹感もあまり感じなくなりました。

体調も良くなりました。

疲労感もなくなりました。

考え方も前向きになりました。

 

ただ、体の弱いお年寄りや子供

かなり重症な病をお持ちの方は

オススメできません。

お腹が空くと気分が悪くなったり

貧血になる方も。

 

本当は、2日〜3日断食してみたいんです。

かなり効果があるみたいなので。

カウンセリングの先生は5日間に

挑戦したそうです。(私は無理w)

断食中は水はもちろん、お腹が空いたら

バナナも食べて大丈夫です。

 

本来なら定期的に(月に一度)

ファスティング(断食)

すると、健康維持に良いそうです。

 

私もプチ断食のおかげで免疫力アップしてるのか風邪はひかなくなりました(*^^*)

パニック障害の方も少し良くなってきました。

 

1日断食は、難しいと思うので、私のようなプチ断食を試してみませんか。

続けると効果出ます!

もちろん、無理はしないで下さいね。

 

メールでのコメントも大歓迎(*^^*)

panimochi@gmail.com

 

★ブログは毎日更新してます