パニック障害 〜打倒パニックの日々〜

パニック障害になっての生活、パニックと闘う日々を書いています。改善に向けて色々やってますので参考になれば幸いです。

メンタル鍛錬法

座禅やヨガの基本は呼吸法です。

 

30年呼吸法を研究してきた、明治大学教授の斎藤孝氏。

この方が「息を調(ととの)えて、心を調える。呼吸は自分自身と付き合っていく最大の“道”。世界と自分をつなぐ道であり、他者と自分の息を合わせるという道でもあります。」という。

 

心じたいが落ち込んでるときに『しっかりしろ』と言ったところで立ち直るのは難しい。

そんな時、いつでも携帯できて、体に働きかけるのが、呼吸法なんです。

 

息をゆっくり吸って何秒できるか。

それで、健康状態や精神状態が分かります。

10秒以下の方は、重い病気か精神的ストレスを感じてる方がほとんどらしいです。

 

 

30秒以上、吸えた方は健康状態が良好です。

私は8秒でした。

吐く方が長く出来ますね。

吸うのは難しい…

30秒なんて無理…

十分に吸えない人は酵素を取り込めてないから、呼吸が浅くなるそうです。

 

確かに精神疾患の人は

呼吸が浅いです。

 

十分に酵素が取り込めないということは、慢性的な不完全燃焼の状態…

 

心も体も元気がでず、疲れていて

これでは、病が回復しづらい状態。

 

そこで、斎藤孝さんの呼吸法なんです。

3秒吸って

2秒止めて

15秒かけて吐く

 

これを6回で1セット。

たった二分間です。

 

呼吸法って、気持ちも落ち着くし

長く続けてると、浅い呼吸が長くなっていきます。

 

この斎藤孝さんに関する記事を読んで

私もこの呼吸法なら、無理なく出来そう

なので、自分の呼吸法と合わせて続けて

みようと思います。

 

呼吸法は、イライラやストレスが減り、自律神経を整え免疫力アップします。

色々なカラダの不調も治りやすくなります。

 

私の呼吸法は、ただ、長ーく長ーく吐いて自然に任せて吸う簡単な呼吸法です。

こちらもおススメです。

 

パニック障害の方は、発作の時に有効です。

発作の時は吐ききれないほど、これでもかって

ほど吐いてください。

酸素は十分に足りてるので、吸うと余計苦しくなります。その結果過呼吸になります。

長ーく長ーく思い切り吐く

吸うのは自然に任せる

呼吸が落ち着いてきます。

 

私、普段、外出するときは、この呼吸法を簡単に長ーく吐いて自然に吸う、ため息のような感じでやってます。(ちょっと不安な時など、家にいる時や外出時はこれがおすすめ)

 

普通の呼吸法だと、余計に苦しくなるので…^^;

 

斎藤孝さんの呼吸法は、普段、家にいる時にやってみようと思います。

 

そのほかに斎藤孝式呼吸法は…

★記憶力が良くなる

★集中力が増す

★幸せホルモンが出る

★ミスが減る

★感情のコントロールが出来る

★疲れにくい体になる

などの効果もあるそうです。

 

斎藤孝さんの書籍も沢山出てます。

 

メールでのコメントも大歓迎です(*^^*)

panimochi@gmail.com

 

★ブログは毎日更新してます。