パニック障害 〜打倒パニックの日々〜

パニック障害になっての生活、パニックと闘う日々を書いています。改善に向けて色々やってますので参考になれば幸いです。

何故パニック障害が治らないのか?

パニック障害などの精神疾患で、自分を責めてる方も多いと思います。

 

「自分が弱いから病気になるんだ」

「もっとしっかりしなければ」

「周りに甘えてばかりいてはダメだ!」

そう思って責めてる方も多いと思います。

 

しかし、精神が不安定な時に、プレッシャーをかけてしまうと、悪影響を与えて、せっかく、薬を飲んでも、良い精神療法を受けても完治はできません。

 

パニック障害は、甘えや気持ちの問題でも、弱いからなる訳でもありません。

ストレスや過去のトラウマによって起こる「脳の病気」とされています。

 

パニック障害は、突然起こる発作が恐怖で、また起きたらどうしようという予期不安で、どんどん不安が強くなってしまい、次第に1人で外に出れなくなったり、発作が起こるのが怖くて1人では居られなくなったりします。

 

そんな時…

「1人で外出も出来ないなんて情けない」

「頼ってばかりで申し訳ない」

そんな考えもあるのでは?

 

こうやって、どんどん自分を落としいれると、自己評価が低下してパニック障害悪化の原因になります。なかなか治りませんよね。

 

お薬を飲んでても、精神療法をしても、改善は見られず、いつまでも治らない悪循環です。

 

パニック障害は、不安や恐怖をどんどん呼び込み、今まで普通に行えた事が行えなくなってしまう病気。

自分の気持ちがたるんでるからなったのではありません。

『恐怖や不安で外出が出来ない』

『不安で怖くて乗り物に乗れない』

『誰かと一緒じゃないと落ち着かない』

これは、甘えではなく、《病気の症状》です。

病気の症状なのだから、責める必要はないです。

それに、なりたくてなった病気ではありませんよね。

 

「今まで普通に出来てた事が出来なくて情けない」ではなく、「病気だから、今は出来なくても仕方ない」と考えること!

 

「みんなに頼って申し訳ない」ではなく、「今は他の人に頼るのは仕方ない。元気になったら恩返ししよう」と考えること!

 

そう考える事て、悪循環が徐々に好循環に変わってきます(*^^*)

 

パニック障害は病気だと理解すること!

 

そうは言っても、目に見えない病気のため、受け入れが出来ない方も多いと思います。

 

血圧が高いと「高血圧」

レントゲンで骨が折れてれば「骨折」

肺の中に炎症があれば「肺炎」

火傷をすれば「赤くなる」

など

他の科は、目に見えて分かるので受け入れやすいですよね。

精神疾患は目に見えないため、周りからも理解されないどころか、病気であるにも関わらず自分が甘えてるだけなのでは?とマイナスに考えてしまう。

精神疾患にかかる人は、真面目な人が多いので、受け入れが難しいですが、これは、病気の症状としっかり受け止めてください。

それが改善の第一歩だと思います。

 

ある程度改善してきたら、『1人でも頑張ってみよう』『色々と挑戦してみたい』と努力をする時期がきます。

不安や恐怖で、いっぱいの時は、無理せず、家族や周りに頼ってください。

家に閉じ籠る事も、周りに頼る事も、改善のためには、大切な事だと私は思います。

大切なのは『治す事を諦めない』気持ちを持つ事!

 

自分を責めないこと。

病気を受け入れること!

周りに頼ること!

 

それが、改善への道だと思います。

 

メールでのコメントも大歓迎です(*^^*)

panimochi@gmail.com

 

★ブログは毎日更新してます。