パニック障害ランキング

パニック障害 〜打倒パニックの日々〜

パニック障害になっての生活、パニックと闘う日々を書いています。改善に向けて色々やってますので参考になれば幸いです。

思考を変える方法

このところ、夜はものすごく眠く

怠くなります。(^◇^;)

そのまま寝ちゃえば眠れそうだど

やっぱり夜の1人の時間は譲れない。

 

夜の1人の時間が唯一、ストレスなく

リラックス出来る時間だから。

 

今日は、こんなの食べながら

カフェインレス飲んでます!笑

頂きものですが美味しい(*´꒳`*)

f:id:kayo1228:20180415043126j:image

 

本題の思考について…

 

パニック障害を治したいなら思考を

変えること。

思考を変えるのは簡単そうで難しいです。

 

パニック障害になる前の何でも普通に

出来てた自分に戻りたいと思う事

ありますよね?

パニック障害になる前の自分に戻っても

同じ思考なのでまた、パニック障害が

再発してしまいます。

前の自分に戻るのではなく

新しい自分に生まれ変わる事が

大切なのです。

 

前にSNSのパニック障害の知り合いが

言ってた事ですが、その人は外出が

出来ないほどひどく、発作も辛く大変

でしたが、思考を変えたら1ヶ月も

しないうちに改善して

新幹線で1人であちこち行けるまで

になったとのこと。

 

 

人が悩んだり、苦しんだり、不安になったり、怖くなったり、その原因は考え方(思考)に

あると思います。

 

例えば、車を運転してて、急に後ろから

抜かされたら、「何、あの人、何で抜かすのかな!危ないな」って怒りの感情になりますよね。

 

でも、その人に対して、「何か理由があって急いでいるのかもしれない」って思えば、その後嫌な感情はついてきません。

 

そう言った、考え方(思考)を

変えて行く事によって

私たちパニック障害の人も

スムーズに行動出来たりします。

 

なぜ不安になるのか?

それは、先の事を考えているから。

先の事を考えなければ不安や恐怖は

生まれません。

 

先の事を考えて不安になり

不安が不安を呼んで、その不安から

パニック発作や不調になってしまう。

 

なら、先の事は考えず、生きていけば

発作や不調も少なくなるのでは。

 

発作になるのも不調になるのも

その思考が決めてます。

 

自分を発作にさせたり、不調になるのも

ほぼ、“思い込み”や“執着”が多いと

思いませんか?

 

あのスーパーに行くと発作になる

レジに並ぶと不調になる

信号は不安になる

などなど…

 

そんな思い込みがあると思います。

もちろん、私もはじめはありました。

そう思いこむと、本当に不調に

なり、発作になったりしますよね^^;

 

ただ、いきなり思考を変えるのは

無理です。

 

行動から思考を変える方法

があります。

 

まず、自分を褒める。

「今日の洋服は素敵だな」

「私の料理って完璧」

「今日は、家事を頑張ったな」

「今日はリハビリ頑張れた」

など、1日3個ほど褒める事を探し

自分で自分に声を出して言う。

 

“ありがとう”という感謝の気持ちを言うこと。

ありがとうを口に出して言うと

言われた方も言った方も気持ちが

上向きになれますよね(*^^*)

お互い必も穏やかになります。

 

寝る前に、今日あった良い事

を思い出す。

人間の脳は、最後に起きた事を強い

記憶とし、最後に良い事があれば

良い結果がでたと認識します。

“終わり良ければ全て良し”の思考です。

なので、寝る前に今日の良い出来事を

思いだすことで、その日を良いものとして

認識します。“今日も良かったなぁ”と

思う気持ちを繰り返す事で良い人生を

作ります。

 

どんな時も目標は高くしない。

高い目標を持つと、身動きができなかったり、達成できなかったりします。

 

今より良くなればいいくらいの気持ちで…

 

小さな目標を立て、達成感を味わう。

小さな目標を立て、とにかくやってみる

そんな姿勢でのぞむこと。

 

雨戸を開けてみる。

外の空気を吸ってみる。

公園まで散歩してみる。

玄関の掃除をしてみる。

 

くだらない事に思えるかもしれませんが、

この小さな達成感の繰り返しが自信に

繋がり、いつも前向きでポジティブに

なれる思考に変えていきます。

 

先の事を考えて不安になる。

まだ起きてもない事を考えて不安に

なり、病んでしまう。

パニック障害の人にはそんな人が

多いです。

人間の脳は基本的に考えたとおりに

未来を実現させようと働きます。

「明日は早起きするぞ!」と思えば

出来る確率が上がり、「寝坊しちゃうかも」

と思えば寝坊する確率が上がります。

 

思考が現実化してしまうのです。

言霊ですね。

不安だ、発作が起こるかもと考え

れば、ずっと不調なままの人生。

もちろん、パニック障害になる前は、

発作になったらどうしよう?という

考えはなかったですよね。

そうゆう事なんです。

 

悩んで時間と心をすり減らすのは

もったいないです。

まだ起きてない事は考えないこと。

 

もし、不調になってしまっても

「こんな日もあるよね」

「なんとかなるさ」

「死ぬ訳ではないから大丈夫」

と思うようにする。

 

そして、もし落ち込んでしまった場合は、

遠くにいる自分を見つめる…

目をつぶり、自分の姿を見下ろす。

あー、落ち込んでるなぁ。悩んでるなぁ。

泣きたいんだなぁ。

そんな自分をただ見つめて認めてあげる。

認めると気持ちが楽になります。

ネガティブなときにポジティブになれ

と言うのは無理ですからね。

 

そして、自分を元気づけてくれる

ものを探しておくのも手です。

例えば、

食べ物

映画

音楽

場所

モノ

など自分を元気づけてくれるものを

普段から探してメモしておく。

いざ、落ち込みそうな時は、これらに

触れて元気をもらう。

 

私は美味しい食べ物やデザートを

食べてる時が、元気をもらえます(*´∇`*)

 

思考を前向きに変えて行くのに

大切なのは繰り返すこと。

小さな目標、行動を積み重ねることで

習慣を作り、習慣が思考のクセを作ります。

 

いきなり思考を変えるのは難しい

ので自分の出来ることからはじめて、

楽しくてポジティブ思考を身につけて

みましょう。

 

あとは病気に負けない!

完治を諦めない!

そんな心持ちも大切です。

 

思考については大切な事なので

また書いていきたいと思います。

 

メールでのコメントも大歓迎です(*^^*)

panimochi@gmail.com

★ブログは毎日更新してます。