パニック障害 〜打倒パニックの日々〜

パニック障害になっての生活、パニックと闘う日々を書いています。改善に向けて色々やってますので参考になれば幸いです。

見た目では分からないから辛い

パニック障害や、精神疾患って、見た目では分からないから、辛かったりしますよね。

 

無理して出掛けてるのに、「全然、普通だね。」「元気だね」って言われてしまうと、やっぱり、健常者の人には、理解出来ないんだなぁと思います。

 

この前もある方が、友達と遊んで、学校に行けないと、「遊べるのに学校に行けないの変だね」みたいに言われたそうです。

その子からすれば友達と遊ぶのも必死なのに…

 

頑張って出来る事もあれば、今は頑張っても出来ない事もある。今は頑張って出来る事をすれば良いのに、それを理解してくれない。

 

出来ることから始めて、自信に繋げていく事が大事なのに。

 

ある人も子供のサッカーの役員や当番ができないのに、普段はテニスを習ってる。テニスは出来て、サッカーの当番や役員が出来ないのは変だって言われて、仕方なく、息子さんにサッカーをやめてもらったそうです。

 

別にやりたくない訳ではない。

やりたくても出来ないのに…

 

○○は出来ても、○○は出来ない、その人によって症状もできる事も違いますからね。

 

見えない部分で辛い事は沢山ありますよね。

 

いつ発作になるか、不調になるか、不安と緊張で、いっぱいなのに…

 

私も子供がサッカー習ってた時は当番は、出来ないけど、病気の事も話してないし、無理にやりました。主人に近くで車の中で待っててもらって。

 

子供が幼稚園の時も、お母さんの集まり(女子会)みたいのも、用事があるからといつも断ってました。本当は行きたいんですけどね。無理なものは無理なので。

 

子供がいると、やらないと行けない事も増えるので本当に大変です。私も一言では言えないくらい色々ありました。もちろん、学生の方や独身の方も辛い思い沢山してると思います。

 

骨折して包帯でも巻いてれば、見た目で分かるけど、見た目で分からないから、厄介ですよね^^;

 

病気で手術して、入院してたら、みんな、気を使うんでしょうけど、そんな事でもないし。

 

手術して治る病気の方が、全然楽なのに…

 

病気になった事で、今まで出来てた事が急に出来なくなって、行動範囲も狭くなって、それだけでも充分、辛いですよね。それが、どれだけ辛くて大変か…

 

なった人にしか、その辛さは分からない。

特に精神疾患は、見た目が健康だから、健常者の方には理解できないのが当たり前なんだと思います。

 

だから、周りから何を言われても、自分が出来ることから始めて、成功体験を積み重ねる事が、改善の第一歩だと思います。

 

 

★ここでコメント送りづらい方はメールでも受け付けてます。

panimochi@gmail.comです。

遅れるかもしれませんが返事は必ずします。