パニック障害 〜打倒パニックの日々〜

パニック障害になっての生活、パニックと闘う日々を書いています。改善に向けて色々やってますので参考になれば幸いです。

不調な時もあります

先月のことですが、起きた時からずっと不調で、なんか、呼吸も浅く苦しくて…

 

起きた時はいつも、体調が良いのに、珍しく不調で…

 

ストレス続きだから、仕方ないのかなぁと思いました。

 

でも、夜になってもずっと、同じままで、いつもはリラックス出来るお風呂でも不調で、なんか、呼吸を意識しちゃって。

フーッとため息ばかりついてました。

苦しい時って、ため息出ちゃいますよね。

 

その後も何度もフーッとため息をついてたら、娘に言われました。

 

娘「今日は、なんでため息ばかりついてるの?」

 

私「なんか、ずっと不調で…」

 

珍しい事なので娘も、どうしたのかと思ったようです。

 

こんな日は、落ち込みますよね(><)

 

でも、パニック障害は、右肩あがりでストレートに治る事はないんです。

波があって治るもの。

調子が良いなと思えば、また戻ってしまったり、右へ行ったり左へ行ったり…

一進一退です。

 

こんな時は、こう思うようにしてます。

“こんな日もあるさ”って!笑

人間なのだから、体調の波はあって当たり前。

要は不調な自分を認めること。

 

不調になって、「やっぱり治らない」、「明日も不調だったらどうしよう」、「発作にならないか心配」、「もう、嫌だ」…などなど色々と思う事もあるけど、気にしても、なるようにしかなりません。

だったら、ありのままの自分を認めて、「こんな日もあるさ」って思って他の事に集中して忘れてしまうのが1番だと思いませんか?

気にすると、余計、パニックが寄ってきて、治りを遅くします。こいつにずっと居座ってやるって。

そう、気にすると、不調さは増すばかり。

 

だから、「こんな日もあるし、不調でもいいや」って認めてやれば、病気の方から逃げ出します。

 

私も、この考えかたで、次の日は、体調も万全でした(*^^*)

 

パニック障害で大事なことは、“思考を変えること”なんです。

今までとは違う新しい自分になること。